口コミで人気の「サンバリア100」折りたたみ日傘を修理に出してみた!

サンバリア100新旧2本の日傘

5月に入り、暖かくなったのは嬉しいけれど、紫外線の気になる季節です。

シミやシワの少ない美肌を保つために大切なのは、食生活紫外線から肌を守ることだと思います。

これから夏に向けての紫外線対策で、最高に頼りになるのが、「サンバリア100」完全遮光日傘

普通の日傘とは違い、3層構造の生地で作られて、紫外線(A波・B波)を100%カットできます。
生地が破れない限り、紫外線のカット率は落ちません。

また、紫外線だけではなく、赤外線・可視光線も100%カットするので、傘の下がとても涼しく感じられます。

この日傘を使うと、夏の暑い日に外を歩くのが本当に楽です。

とても愛用していたのですが、夏場は毎日使っていたので、とうとう壊れてしまいました、涙。

一本1万円以上する高級日傘なので、修理に出してみた感想をご紹介します。

7年以上愛用したサンバリア100の日傘

この日傘を知ったきっかけも、アンチエイジングの鬼さんのブログ。

1本目を買ったのは、もう7年以上前になります。少し値段は張るけど、思いきって買ってみて大正解。

それ以来、夏場はこれがないと乗り切れないというくらい、重宝してきました。

サンバリア100は、安心の日本製。

さすがの品質で、夏は毎日使うにもかかわらず、全く壊れません。
7年使ってやっと、傘の骨を支える部品が一つ破損しました。

サンバリア100故障

サンバリア100故障2

(傘の骨をつなぐ部品が壊れて、傘の骨が生地から飛び出しそうです。)

「サンバリア100」と「芦屋ロサブラン」

2つのブランドの違いは?

この壊れた日傘は修理に出すとして・・、良い機会なので、もう一本新しい完全遮光日傘を買うことにしました。

この日傘が壊れたり、なくなったりしたら、真夏は外出したくないくらいなので、もう一本、予備があってもいいなと思ったからです。

調べてみると、完全遮光日傘では、「サンバリア100」の他にも、「芦屋ロサブラン」というブランドもあって、よく比較されているようです。

WEBサイトを覗いてみると、とても良く似た感じの日傘です。

どちらも、裏地はブラックラミネート加工の生地で、紫外線・可視光線・赤外線ともに100%カット。

違いを上げると、

    【サンバリア100】

  • 日本製。
  • 売り切れ、入荷待ちが多く、なかなか好きなデザインが買えない。
  • 楽天・amazonなどショッピングサイトに出品していない
  • シンプルなデザインが多い
    【芦屋ロサブラン】

  • 記事生産は日本製。組み立ては海外
  • 売り切れが少なく、好きなデザインを選べる。
  • 楽天・Amazonに出店しているので、ポイントがつく。セールで安く買える。
  • 可愛くおしゃれなデザインが多い

といったところでしょうか。

2本目の日傘も、サンバリア100を買いました!

芦屋ロサブランの方が、気軽に買える要素が多いので、迷いましたが・・、

サンバリア100の日傘で、ちょうど欲しい色・形のものが、売り切れずに残っていたので、2本目もサンバリア100の日傘を購入することにしました。

やはり、7年以上使うまで、壊れなかったという、体験から来る安心感は大きいです!

サンバリア100新旧2本の日傘

(写真左が7年前に買った日傘、写真右が今回新しく買った日傘。)

サンバリア100には、ミドル・ロング・ショート・2段折りたたみ・3段折りたたみ、という5種類の傘がありますが、私が好きなのは、2段階の折りたたみ

理由は、日傘は夜は使わないので折りたたんで鞄に入れられた方が、なくしたりしにくくて便利だし、旅行の荷物にも入れやすいから。
中でも、2段折りの方が好きなのは、折る部分が少ない分故障しにくそうなのと、折りたたんだり広げたりする作業が楽だからです。

色は着るものを選ばない白!(とっても実物はうすいグレーです。)

という条件で、結局、同じような傘を2本買ってしまいました、笑。

少し変化が欲しかったので、新しい傘は、フリル付きにしてみました。
可愛いけど、フリルはかなりかさばって、閉じた時や折りたたんだ時のボリュームがアップしてしまいます。

フリルなしの方が、実用的ですね。

サンバリア100新旧持ち手

7年前に購入した傘と比べると、変わったのは、持ち手。
凸凹した竹の持ち手から、すべすべの木の持ち手に変わっていました。

壊れた日傘は、サンバリア100の本社に修理に出しました。

さて、本題に戻ります。

新しい傘は買ったものの、壊れた傘も、何とか直して使いたいなと思い、修理を考えました。

まず、近所のMr.ミニットに持って行ってみました。
でも、やっぱり、金具が特殊らしく、「買ったお店で直してください」、と言われてしまいました。

そこで、サンバリア100のHPを見てみると、ちゃんと修理依頼のフォームがありました・・!

発払いでサンバリア100の本社に送れば、修理代は最高で2700円(返送料込)で修理してくれるそうです。

手元に戻ってくるまで、約2週間ほどかかるということ。5月から8月は、依頼が多いため、もっとかかる場合もあるようです。

修理に出した流れ

  1. まず、修理依頼フォームに、個人情報と破損の状況を書き込み、写真も添付して、送信します。
  2. 【サンバリア100HP】 修理・保証について
    サンバリア100修理依頼フォーム

  3. 担当者の方から、メールが来ます。
  4. 破損ヶ所だけでなく、全体を見て修理をしてくれるそうです。

    修理代は最高額で2000円。プラス返送料700円。
    受け取り時に代引きで支払えば良いとのことです。

    傘は、丁寧に梱包して、ワレモノシールを貼って、自己負担で記載の住所に送って下さいとのことでした。

  5. 梱包して発払いで宅急便で送る
  6. サンバリア100梱包

    壊れた日傘を、プチプチでくるんで、箱にいれます。

    箱は、新しい日傘が入っていた箱を利用したので、サイズピッタリです。

    コンビニから宅急便で送りました。ちゃんとワレモノシールも貼ってもらいました。

    送料は、意外と高くて、1023円もかかりました。

  7. 代引きで受け取る。
  8. 修理に出したのは5月3日でしたが、GW明けの5月7日に先方に到着するように送りました。

    そして、戻ってきたのが、5月12日

    日差しが気になり始める5月に送ったので、1ヶ月くらいかかると覚悟していました。
    意外と早く戻ってきて、びっくりです。
    先方に到着してから、なんと5日で戻ってきました。

    たまたま依頼が少ない時期だったのか、着いてすぐに直してもらえたみたいです。

    修理代金は最高額の2700円でした。(返送料込み)

きれいに直りました。

サンバリア100日傘修理済

戻ってきた日傘は、部品が破損して骨が繋がらなくなっていた部分が直って、きれいに開くようになっていました。

修理額が最高額だったので、もしかしたら、他の劣化した部品も取り替えてもらえているかもしれません。
素人目には、よくわかりませんでしたが・・。

とりあえず、きれいに直って返ってきてくれて、嬉しい(^^)

かかった修理代金

結局、サンバリア100の日傘を修理するのにかかった代金は、

発送料 1023円
修理代プラス返送料 2700円
計 3723円 でした。


修理代金は安くはありませんが、1万円以上する日傘なので、捨てるよりは、直して使う価値はあると思います。
長年使ってきた愛着もありますしね。

サンバアリ100の修理対応は、とてもスムーズかつスピーディーで安心感がありました。
(修理依頼の多い時期は、もっと時間がかかる可能性もあると思います。)

これで、手元に完全遮光日傘が2本あるので、今年の夏は安心して過ごせそうです。

完全遮光日傘はどこで買えるの?

サンバリア100

サンバリア100は、楽天・Amazonなどのショッピングモールでは取り扱いがなく、公式サイトのみで購入できます。

>>サンバリア100公式サイト

春から夏にかけては、売り切れ続出で入手困難ですが、メールマガジンに登録すれば、入荷情報をいち早く知らせてくれます。

芦屋ロサブラン

芦屋ロサブランは、公式サイトと、楽天・Amazon・Yahooでも販売されています。

>>芦屋ロサブラン公式サイト

>>ショッピングモールはこちらから

その他ブランド

その他ブランドでも、完全遮光日傘は販売されているようです。
ただ、完全遮光といいながら、紫外線カット率は99%だったりするので、よく説明を読むことをおすすめします。

デザインは可愛くないけれど、お手頃価格で、紫外線カット率も100%の日傘を見つけました。
雨にも強い、晴雨兼用の折りたたみ日傘なので、一本持っていると重宝しそう。

お気に入りの完全遮光日傘を手に入れて、日差しのキツイ季節、シワやシミの少ないきれいなお肌を保ちましょう♪

こちらの記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です